MENU

一般・小児眼科

General ophthalmology一般眼科

結膜炎

結膜炎

表面から見える白目の眼球結膜や、瞼をめくった時にみえる赤い部分である眼瞼結膜の炎症のことをいいます。一般的に結膜炎といっても、アレルギー性結膜炎や細菌性、ウィルス性の結膜炎といったように様々な種類があり、痒み、痛み、目やになどの症状が現れます。点眼薬や内服薬を用いて治療します。

よくあるのが、自宅にあった点眼液を使用した結果、不適切な治療になってしまうことです。まずはお気軽にご相談ください。

ドライアイ

近年スマートフォンやタブレットの普及により、目の乾きを感じている方が増えています。一般的には、ドライアイといえば涙液の分泌が少ないこと(涙液分泌減少型)を想像しがちですが、涙液が正常に分泌されてもドライアイとなること(涙液蒸発亢進型)の2通りがあります。
涙液分泌減少型は涙点プラグ挿入といった治療方法があります。

一般的には知られていない「涙液蒸発亢進型」は、白目の細胞から分泌される膜型ムチンの減少により、涙が角膜や白目の表面に留まってくれないドライアイです。眼を潤そうとして、涙液の分泌が促進され流涙症になるおそれがあります。例えば、冬場に冷たい風が眼に当たると涙が止まらないといった経験はありませんでしょうか。

飛蚊症

飛蚊症には生理的な飛蚊症と後部硝子体剥離による飛蚊症があります。明るいところで白っぽいものを見ると、蚊のようなものが動いて見えることに由来しています。症状は様々ですが、黒い点や糸などが動くように見えることがあります。
生理的飛蚊症とは、眼球の中につまっている硝子体というどろどろとした透明なゼリー状の物質が濁り、その濁りが中心にくると症状が強くなり、周囲へ移動するとに目立たなくなったりするものです。違和感がありますが加齢に伴う症状のため、病気ではありません。

後部硝子体剥離による飛蚊症は、硝子体が加齢で収縮することにより網膜との癒着が外れることから起こります。硝子体は本来、網膜(カメラでいうところのフイルム)に付着しています。硝子体が収縮した時に、硝子体と網膜がきれいに外れれば良いのですが、まれに引っ張られた網膜に穴が開くことがあります。これが原因で網膜の外側に水が貯まり網膜剥離となります。網膜剥離が悪化すると、たとえ手術で治療しても見え方に歪みが残るため、早期発見をしていくことが重要となります。早期発見ができれば、網膜剥離のリスクを下げることができます。

斜視

斜視は、生まれつきである先天性斜視と、後に発症する後天性斜視に分類されます。
先天性斜視の中でも、常に両眼が違う方向を向いている恒常性斜視と、時々眼球が外側を向く間欠性外斜視に分類されます。間欠性外斜視は、立体視の発達に障害を残すことがありますが、弱視になることはありません。一方、恒常性斜視は弱視になる可能性が高く、成人してからは視力の回復を見込めないため早期の治療を要します。
また、生まれつきの遠視による調節性内斜視というものもありますが、こちらは眼鏡を常用することにより改善されます。

後天性斜視で乳児から小児期に注意しなくてはいけないのは、先天性白内障や網膜芽細胞腫(白色瞳孔がみられる)といった疾患です。まれに頭蓋内病変(脳腫瘍など)も認められます。成人してからも動脈瘤や脳腫瘍、脳幹梗塞などの疾患が疑われるため、一度は眼科を受診されることをおすすめします。

近視

近視は、角膜の頂点から網膜の中心部分(中心窩)までの距離が長くなることによる軸性近視と、眼の毛様体筋が過剰に働くことによる調節緊張(いわゆる学校近視や仮性近視)に分類されます。
軸性近視は、進行すると成人してから網膜の病気や緑内障になりやすいため、ある程度で進行を止める必要があります。最近では自由診療ではありますが0.01%アトロピン点眼で近視の進行を抑制できることがわかっております。気になる方はご相談ください。
調節緊張は成人してからは治るのですが、それまでは視力不安定なため、生活習慣の改善や毛様体筋を休めるための点眼を処方することがあります。長期的には元に戻りますので、心配する必要はありません。

老視

いわゆる老眼です。人の眼の中には、水晶体という厚くなったり薄くなったりする柔らかいレンズがあります。この水晶体の厚さによって、遠くのものや近くのものにピントを合わせることができます。しかし、加齢により水晶体が固くなり、調節能力を失ってくると老眼になります。

近視の人が老眼になると遠用眼鏡で遠くが見えても、同じ状態では、近くが見えづらくなります。また若い時に遠くがよく見える人は、最初に近くが見えづらくなり、その後遠くも見えづらくなります。この場合、遠近両用眼鏡が必要になります。眼鏡を使用しないでいると眼精疲労になり、頭痛や肩こりなどの原因にもなりますので、眼鏡装用をおすすめします。