MENU

網膜硝子体疾患

Retina vitreous disease網膜硝子体疾患

糖尿病網膜症

病期は単純性糖尿病網膜症・増殖前糖尿病網膜症・増殖性糖尿病網膜症の3つに分けられます。

単純性糖尿病網膜症
網膜症の初期であり、毛細血管瘤や点状出血を認めます。この段階では自覚症状もなく経過観察となります。
増殖前糖尿病網膜症
単純性糖尿病網膜症から更に進行すると、網膜に斑状出血(点状より大きな出血)を認め網膜に硬性白斑(血液の中の脂肪やたんぱく質の沈着物)、軟性白斑(血流不足により網膜が酸素不足になり白くなること)が出現します。この変化が黄斑部(網膜の中心部分)以外に出現した場合は、視力が低下することはほとんどありません。黄斑部が腫れた状態(糖尿病性黄斑浮腫)になると視細胞が障害されます。そのままでは視力が低下したまま戻らないことになるため、腫れを治す必要があります。
また網膜の血流不足の部位に新生血管が生えてくる可能性があるため、増殖前糖尿病網膜症でも進行性の場合にはレーザー治療も必要となります。
増殖性糖尿病性
網膜が酸素不足になると、酸素を供給するため網膜に新生血管が生えてきます。この新生血管は網膜に生えるだけでなく、硝子体にくい込みます。新生血管は弱い血管のため、破綻すると硝子体腔に出血が広がり、硝子体出血となり突然見えなくなります。さらに悪化すると「増殖膜」という線維性の膜が網膜の表面に生えてきて、網膜を内側に引っ張ることにより漿液性網膜剥離となり硝子体手術が必要となります。

糖尿病の恐いところはすぐには症状が出ないことです。高血糖の期間が長ければ長いほど、後になって症状が進行します。糖尿病網膜症のみならず糖尿病性腎症、糖尿病性神経症なども同様で、悪化し始めてから血糖値を下げても、合併症の進行はすぐには止まりません。特に若い方は2週間程で急激に悪化することもあります。血糖値が下がったからといって治ったわけではなく、定期的な診察が必要となります。

網膜前膜(黄斑前膜)

比較的、高齢の方に多い病気です。網膜の中心部分(黄斑部)の表面に繊維性の膜が出現し、網膜の中心部分に穴が開く場合があります。症状としては、視力低下や物が歪んで見えます。軽度の方は、すぐには手術の必要はありませんが、中等度以上進行すると手術をしても回復が見込めないため、早目に硝子体手術をすることをおすすめしております。

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症

高血圧症・高脂血症などで動脈硬化が進行してくると、固くなった動脈が静脈を圧迫し、弱い血管である静脈から出血が起こります。すると出血と同時に炎症を引き起こすサイトカインが放出され網膜浮腫を起こします。この浮腫により、網膜外層にある視細胞が障害を受け視野障害が出現します。網膜が腫れている部分が中心から離れていれば、中心視力は保たれますが、網膜の中心部である黄斑部に腫れが生じると、視力低下を引き起こします。治療が遅くなると視力の回復が見込めませんので、早目に硝子体注射が必要となります。
また糖尿病網膜症と同様に新生血管が出現する場合があるので、状態によってはレーザー手術が必要となります。

黄斑浮腫

黄斑浮腫とは糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、ぶどう膜炎などに起きる病気です。網膜の中心部(黄斑部)に液体成分が貯留しますが、網膜内層に限局している場合は視力にそれほど影響を及ぼしません。この黄斑浮腫が網膜外層にまで及ぶと先述したように網膜視細胞が障害されるため視力低下をきたします。
その場合ルセンティスやアイリーアといった抗VEGF硝子体注射を行います。