MENU

白内障

Cataract白内障

白内障

眼の中の水晶体というレンズが白く濁っていく病気です。ご年配の方の病気と思われがちですが、個人差があり若い方でも発症する場合があります。現状、点眼薬や内服薬での改善は見込めないため、日常生活に支障をきたすようでしたら手術をおすすめいたします。

白内障手術とは、眼の中の濁ってしまった水晶体を取り除き、替わりとなる眼内レンズ(人工のレンズ)を挿入します。手術時間は通常5分くらいですが、難症例の場合は、それ以上かかることもあります。

眼内レンズの種類

単焦点眼内レンズ

単焦点レンズにはピントを合わせる調節能力はありません。

しかし多焦点レンズに比べピントの合う距離では対象物がはっきり見えます。裸眼で遠くにピントを合わせると、近くは眼鏡装用が必要となり、逆に近くにピントを合わせると、遠くを見るためには眼鏡装用が必要となります。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズには遠くと近くが見える2焦点、遠く・中間・近くが見える3焦点、焦点深度が深く遠方から中間の距離の見え方が安定しているEDOF型眼内レンズの3種類があります。

レンズの種類によって違ってきますが単焦点レンズと比べ夜間の光がにじんで見えること(ハロー・グレア現象)があります。
保険適応外となりますがご興味のある方はご相談ください。ライフスタイルにあわせてご提案させていただきます。