MENU

緑内障

Glaucoma緑内障

緑内障

眼の中の圧力(眼圧)に視神経が耐えられずに、視神経が死んでいく病気です。日本人の場合、40歳以上の20人に1人が緑内障であるといわれています。
緑内障の種類は非常に多くありますが、日本人に多いのは正常眼圧緑内障というもので、個人差はあるものの急激に悪化するものではありません。よく緑内障と聞くと失明を想像し非常に心配される方が多いですが、正常眼圧緑内障はしっかり管理されていれば失明に至ることはまずありません。しかし、例え手術しても改善することはありませんので、検診などで早期に発見することが大切です。

手術は、点眼加療で眼圧が十分に下がらず視野障害が進行する場合、適応となります。手術方法も様々で、流出路再建術や濾過手術などがあります。当院では前述の手術は行っておりませんので、手術を行っている施設をご紹介させていただきます。

緑内障発作

緑内障が慢性疾患であるのに対して、急性疾患では緑内障発作という病気があります。

前房隅角という眼球の中の水分(房水)を吸水する部分が狭い方は、緑内障発作を発症する可能性があります。割合としては男性より女性に多く、特に高齢の女性に多くみられます。症状としては突然の眼の奥の強い痛み、白目の充血、吐き気や視力低下がありますが、その中で特に強い自覚症状としては、眼の奥の強い痛みです。2~3日で急激に緑内障が進行するので早急なレーザー治療や前房隅角を広くするための白内障手術が必要となります。
診察の際に、前房隅角が狭い方にはお話いたしますが、気になる方はご相談ください。緑内障発作は、発症してから出来るだけ早く治療する必要があります。治療が遅れることにより、後遺症が残ることが非常に多くあります。
当院では、前房隅角の狭い方は予防的レーザー治療をおすすめしております。
予防としては、虹彩という茶目の部分にレーザーで小さい孔を開けます。所要時間は5分くらいです。術後は、ご自宅にて1週間点眼を続けていただきます。